〈一般公募〉について

応募点数に制限はありますか。
作品の応募点数に制限はありません。ただしシリーズで応募する場合、定型広告では1作品で15点以内、合計で60段以内に収まるようにお願い致します。また、小型広告は1作品あたり2点以上31点以内のシリーズで制作してください。
同じ課題で複数応募することはできますか。
できます。また、作品は別々の課題であっても複数を応募することができます。
複数人で共同制作した作品も応募可能でしょうか。
可能です。応募の際は代表者1名としていますが、作品が入賞内定した場合には、「作品制作者リスト」として共同制作者全員の情報を提出していただきます。
応募する作品は、未公開の作品に限られますか。
すでに公開されている作品でも、その作品あるいは類似の作品が他のコンテストなどで過去に受賞歴があるもの、または、現在、別のコンテストなどに応募中のものでなければ問題ありません。
年齢制限はありますか。
年齢制限はありません。
海外在住でも応募は可能でしょうか。
日本以外にお住まいの方からの応募も全く問題ありません。ただ、作品を郵送頂く場合、日本国内よりもお時間がかかるかと思います。消印有効での受付ですが、通関時のトラブルなども考慮して、余裕をもってご応募ください。
登録の途中で「入力に誤りがあります」とエラー表示が出て進めません。
文字数が制限を超えている可能性があります。テキストボックスに規定以上の文字数を入力するとエラー表示がでます。全角64文字以内の入力制限がありますので、その範囲内で入力してみてください。
応募フォームを送信した後、URL付返信メールは何時ごろ届きますか。
応募フォームを送信したら、間もなく返信メールが届きます。返信メールは受付後、自動返信するシステムになっていますので、もし、5分以内に届いていなければ応募できていない可能性があります。その場合はお手数ですが、再度応募フォームから入力し直してみてください。
応募フォーム送信後に内容に間違いを見つけた場合、訂正ができますか。
送信後の内容変更はできません。間違いや変更がある場合は、再度応募フォームから作成し、正しいものを送信し直してください。なお、作品パネルの送付がないエントリーは無効となりますので、とくに取り消しのご連絡をいただく必要はございません。
応募フォーム送信後、アップロードした画像に若干変更を加えましたが、作品は受理されますか。
エントリー時にアップロードした作品画像と一部分でも異なる作品は不備扱いとなり、受理されません。変更後の画像でもってあらためて応募フォームからエントリーしてください。なお、作品パネルの送付がないエントリーは無効となりますので、とくに取り消しのご連絡をいただく必要はございません。
課題のページに企業のロゴマークの支給データがありません。
すべての課題出題企業に素材の提供をお願いしていますが、広告主側の規定や事情があって提供されない課題もあります。ロゴマークの提供がない場合は、似たフォントで代用していただくなど、工夫してご応募ください。
課題提供企業からの素材は必ず使用しなければならないですか。
課題のなかで素材の使用を明記していないかぎり、提供された素材の使用は任意となります。
企業のサイトを記載して頂いている課題が多くありますが、 そのサイト内の素材は利用できるということでしょうか。
課題出題企業のサイトは、課題制作の参考として閲覧いただくために記載しています。各企業のサイト内にある素材(商品ロゴ・写真など)は、朝日広告賞事務局の管轄外なので使うことはできません。使えるのは原則として朝日広告賞サイトの課題ページにある「ダウンロード素材」のみです。
フォトサービスでの写真は利用できますか。
利用は可能です。ただし入賞に内定した際は、ご自身で使用許諾を取っていただき、使用料なども応募者の負担となります。そのうえで使用許可証明などの提示をお願いすることになります。朝日広告賞では、できるだけご応募される皆さんが作成した素材のご利用を推奨しています。
イラストで参考にしたい図版があるのですが。
朝日広告賞では、できるだけオリジナル作品を推奨しますが、もし他者の図版等を参考にされるのであれば、作品が入賞した場合、参考にした図版の提出をしていただき、具体的な参考の範囲や度合いを確認させていただくことになります。その結果によっては入賞取り消しになる可能性もありますのでご注意ください。
コピーで参考にしたい文章があるのですが。
作品が入賞した場合は、参考にした文章を提出していただき、参考の範囲や度合いを確認させていただきます。参考の範囲や度合いによっては入賞取り消しになることもありますのでご注意ください。朝日広告賞では、できるだけオリジナルのコピーでご応募することを推奨しています。
作品の背景が白なのですが、そのままで良いでしょうか。
広告のサイズが分かるように、細くても構いませんので罫を巻いて提出してください。A判サイズのポスターではなく、あくまで新聞のサイズで広告表現をしていただくのが条件になります。
シリーズ広告の場合、1点ずつ別々のパネルに貼る必要があるのでしょうか。
シリーズの場合は、一つのパネルに収容できるのであれば複数点貼っていただいても構いません。例えば、5段2点シリーズなどの場合、A2パネル1枚で対応が可能です。
小型広告のパネルサイズはA3版でいいでしょうか? A2版だとすかすかになります。
作品管理および審査の都合上、パネルのサイズはA1版またはA2版で統一しています。小型広告などの場合、かなり余白が出る場合もありますが、いずれかのサイズをご使用願います。
応募フォームに画像を添付する際、画像のサイズを比率は同じまま、実際に印刷するものよりも小さくしてもよいでしょうか。また、パネル同様に余白を設ける必要がありますか。
アップロードいただく画像は、パネル上の広告デザインと同一であれば、サイズや余白の設置などパネルに合わせる必要はございません。
複数の応募作品をまとめて送ることはできますか。
制作者が異なる複数の作品を一括梱包して送っていただいて構いません。ただし、応募作品の登録は作品ごとにお願いします。お一人で複数作品を応募する際も、作品ごとに登録していただき、それぞれ応募票を貼ってください。
作品送付後の到着確認はできますか。
昨年度まで行っていた受領メールの送付はなくなりました。代わりに、作品の受付開始以降、受領した応募作品のID一覧をサイト上に日々公開します(土日祝日を除く)。作品到着後に確認作業などがありますので、サイト掲出まで1週間程度のお時間をいただく場合があります。なお、規定外や応募内容に不備がある作品は受領できません。エントリー時にアップロードした作品画像と一部分でも異なる作品は不備扱いとなります。エントリー後に作品を一部でも改変した場合は、作品送付の前にあらためてエントリーし直してください(再エントリーされた場合、事務局に連絡は不要です)。作品送付後1週間経過しても、送付した作品がID一覧にない場合は、お手数ですが「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
作品は返却されるのでしょうか。
応募いただいた作品は返却されません。応募作品( 入賞・非入賞を問いません )の所有権は朝日新聞社に帰属します。

〈広告主参加〉について

エントリーに費用はかかりますか。
エントリーは無料です。ただし、エントリー後に掲載紙面PDFまたは掲載紙面の現物(地方版、エリア広告特集、号外の場合)が必要となりますので、あらかじめ扱い広告会社や弊社担当営業とご相談ください。
応募作品の範囲は紙面企画のみでしょうか。
〈広告主参加〉は4月1日~翌年3月31日の間で朝日新聞本紙、地方版、エリア広告特集、号外(いずれも10万部以上掲載)に掲載された広告であることがエントリー条件です。したがって紙面掲載の無い事案については対象となりません。Web単独事案については、「朝日新聞特別賞」で顕彰いたします。エントリーについては弊社の担当営業にご意向をお伝えください。

「デジタル連携の部」について

〈一般公募〉動画の提出有無によって審査評価は大きく変わりますか。
「デジタル連携の部」は動画を審査するのではありません。新聞広告とコンセプトシートをメインの審査対象とし、新聞広告のクオリティーやデジタル連携の仕組み、アイデアなどの審査となります。ですので、動画提出の有無で審査評価が大きく変わることはありません。
〈一般公募〉「新聞広告の部」に応募したのですが、コンセプトシートを付けて「デジタル連携の部」にも応募できますか?
両部に同一の新聞広告作品を応募しても問題ありません。ただし、エントリーは別々となりますので、同じ作品パネルを2つ制作し、「新聞広告の部」用、「デジタル連携の部」用それぞれの応募票を貼付の上送っていただくことになります。
〈一般公募〉コンセプトシートは提出しなくても構いませんか。
コンセプトシート自体も審査対象となりますので、提出は必要です。
〈一般公募〉動画のファイルデータをそのまま送ってもよろしいでしょうか。
応募フォーム上では受け付けていません。アクセスすれば直接見られるサイト(Youtubeなど)にアップロードしていただき、そのURLをコンセプトシートに明記してください。事務局宛にデータをお送りいただいても無効となります。
〈一般公募〉コンセプトシートに個人が特定される情報を入れて送ってしまいました。
できれば個人情報を外したデータを再送してください。公正・公平な審査を行うために、個人情報は伏せて審査いたします。
〈一般公募〉コンセプトシートは手書きでも構いませんか。
手書きでも構いませんが、提出の際はPDF化したうえでアップロードしてください。
〈広告主参加〉企画のキャンペーン期間が決まっており審査期間にリンクが切れてしまう場合はどのようにお送りすればよろしいでしょうか。
掲載紙面と連携していた内容の分かる動画閲覧サイトなどがあればそのURLを、あるいは掲載紙面と連携していた内容を説明するコンセプトシート(A3ヨコ1枚のPDF・5MB以内)をご提出ください。

「朝日新聞読者賞」について

朝日新聞読者賞とはどのような賞ですか?
審査会で朝日広告賞入賞候補となった作品を対象に、一般読者の皆さんなどにも参加いただく賞です。新しい新聞広告への挑戦をされている作品を広く読者の皆さんにも見ていただくことで、新聞広告の良さや面白さを知っていただきたいと考え2015年度に創設しました。
投票の時期はいつごろでしょうか?
投票は毎年、5月中旬~下旬に行われます。
投票とは具体的にどのような方法で行うのでしょうか?
朝日新聞読者賞の特設ページで、それぞれの〈一般公募〉と〈広告主参加〉の入り口をクリックすると作品が掲載されています。その中で心を動かされたものに「♥ 投票する」をクリックすると投票できます。
誰でも投票できるのでしょうか?
誰でも投票できます。
1人何点まで選ぶことができますか?
1作品につきひとり1票、何点でも選ぶことができます。
投票数の一番多かった作品に賞金または賞品はあるのでしょうか?
賞金及び賞品はありません。賞状のみの贈呈となります。
結果発表の時期とその発表方法は?
投票結果は例年、朝日広告賞本賞の入賞作品発表と合わせ、朝日新聞紙上および朝日広告賞サイトで発表しています。また〈一般公募〉〈広告主参加〉それぞれにおいて、一番投票数の多かった作品の制作者または企業を贈呈式で表彰いたします。
page Top