〈広告主参加〉
担当審査委員

デザイン、アート、写真、文章、映像など様々な分野の第一線で活躍されている審査委員の方々が、厳正なる審査を行います。
=「新聞広告の部」担当審査委員   =「デジタル連携の部」担当審査委員 (※順序不同・敬称略)

  • 浅葉 克己 

    アートディレクター 
    広告制作、CMからグラフィックまで多分野のデザインを手がける。トンバ文字の研究家としても知られている。ADC賞グランプリ、亀倉雄策賞、紫綬褒章、旭日小綬章など受賞歴多数。

  • 石戸 奈々子 

    慶應義塾大学教授 
    東京大学工学部卒業後、MITメディアラボ客員研究員を経て、NPO法人CANVAS、株式会社デジタルえほん、一般社団法人超教育協会、Blab等を設立、代表に就任。

    Web site

  • 尾形 真理子 

    クリエイティブディレクター 
    ブランディング戦略から、コーポレートメッセージ、映像企画、1枚のポスターのコピーライティングまで広告業務を広く手がける。歌詞や小説も執筆。

  • 葛西 薫 

    アートディレクター 
    代表作に、サントリーウーロン茶中国シリーズ、ユナイテッドアローズ、虎屋の仕事などがある。一貫した涼しい作風は、見る人を遠くへと誘う。

    Web site

  • 川口 清勝 

    アートディレクター 
    クリエーティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立。朝日広告賞を起点にD&D、NY ADCなど国内外の広告賞を多数受賞。オンラインメディアでは斬新な広告コミュニケーションに注目が集まる。

  • 国井 美果 

    コピーライター 
    資生堂や伊藤忠商事のコーポレートメッセージをはじめ、社内外をつなぐ様々な言葉やアイデアで企業活動に関わっている。

  • 小杉 幸一 

    アートディレクター 
    「人格デザイン」で企業や商品人格を明快したアートディレクション。CIや広告、NHK「ちむどんどん」のタイトルデザイン。ADC賞やカンヌライオンなど国内外数多く受賞。

    Web site

  • 副田 高行 

    アートディレクター 
    時に力強く、時に優しく、いつも美しく。「シャープAQUOSシリーズ」「トヨタエコプロジェクト・ReBORNキャンペーン」「earth music&ecology」「宝島社」などで多彩なアートワークを展開。

  • 田中 里沙 

    事業構想大学院大学学長 
    月刊「宣伝会議」編集長、取締役編集室長を経て、学校法人先端教育機構にて新事業、地域活性、ブランドコミュニケーションの研究と人材育成を行う。

    Web site

  • 辻 愛沙子 

    クリエイティブディレクター 
    大学在学中に広告代理店に正社員として入社し、その後、arcaを設立。商品企画やブランドプロデュースに携わる。報道番組『news zero』の水曜パートナーとしても出演。

    Web site

  • 中島 信也 

    CMディレクター 
    日清食品「hungry?」(カンヌ広告祭グランプリ)、サントリー「燃焼系アミノ式」(ACC賞グランプリ)など最新技術を駆使した娯楽性の高いCMを多く手掛ける。

  • 真鍋 大度 

    アーティスト 
    2006年Rhizomatiks 設立。身近な現象や素材を異なる目線で捉え直し、組み合わせることで作品を制作。アナログとデジタル、リアルとバーチャルの関係性、境界線に着目し、様々な領域で活動している。

    Web site

  • 箭内 道彦 

    クリエイティブディレクター 
    タワーレコードも、福島県のクリエイティブディレクションも、渋谷のラジオも、猪苗代湖ズも、藝大での教鞭も、「僕にとっては全てが、対象の魅力の『広告』なのです」

  • 米澤 香子 

    クリエイティブテックディレクター 
    テクノロジーの関わる領域において、企業のキャンペーンプランニングからサービス企画開発・プロダクトイノベーションまで幅広く手掛ける。

  • 喜多 克尚 

    朝日新聞東京本社 文化部長 

  • 神戸 久 

    朝日新聞社 執行役員(メディアビジネス担当) 

page Top